読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代、田舎へ移住する

平成生まれのゆとりど真ん中世代が移住して思ったことなどを書く日記

田舎あるある「地元行事への参加」〜飛鳥光の回廊編

田舎の「あるあるネタ」としてよく取り上げられる事のひとつに、

「地元イベント・行事への参加」というのがあります。

お祭り等、何かとイベントの多い田舎ですが、

その多くは地域住民のタダ働…協力から成り立っています。

 

そして、先日の土日、私も地域住民の一人として、

あるイベントを支援してきたのでした。

 

 

asukadeasobo.jp

こちらの設営と後片付けを手伝ってきました。

明日香村ではかれこれ10年以上続いているという伝統あるイベントです。

(四神降臨というサブタイトルが中二病心を駆り立てる…)

 

奈良市の燈火会みたいなもんで、ろうそくを灯した行灯を

村中に起きまくるというイベント。

私も自分の住んでいる区域付近に置きまくってきました。

 

良かったこと

  • 地元の方と交流できる

これが一番大きいですね。

普段は遠距離通勤もあって、なかなか顔を合わせられなかったので、

こういう場で一気に距離を縮められるのはよかったです。

  • 基本的にゆるい

大まかにいえば「イベントの設営支援」的な感じの仕事ですが、

アルバイトのような、ガツガツした現場ではないです。

ビール飲みながらワイワイやれるので、サークル感覚で参加できます。

  • 何だかんだで達成感がある

真夜中に行灯がズラッと並んでいる光景は、素晴らしいです。

※ろくな写真がとれなかったですが…

うーん、と思ったこと

  • 段取りが微妙

10年以上やってきている割には、

未だに「このエリアには行灯が○○個」とか定まっていないので、

行き当たりばったりで、あれが足りないこれが足りない、と作業がストップする場面が多かったです。

奈良県民の、のんびりでテキトーな性格が、良くも悪くも出ていたと思います。

  • 後片付けが大変

イベントの性質上、夜がメインなので、後片付けは21時から…。

そこから地域中の行灯とかろうそくが倉庫に集められてきて、

それを全部しまうのですが、これがなかなか大変です。

しかも、次の日は普通に仕事なのが余計にキツかった…。

 

移住を検討する際には…

どこだろうと、いわゆる田舎の場合、いろいろなイベントへの参加が

求められるかと思います。

そういうのは絶対無理、何がなんでもイヤ!という方は、移住についてもう一度考えなおした方がいいと思いますが、

少し心配、という程度だったら意外と楽しいので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。