読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代、田舎へ移住する

平成生まれのゆとりど真ん中世代が移住して思ったことなどを書く日記

田舎から都会へ毎日通勤するのはダルいし時間がもったいないかも

現在、私は奈良の田舎から大阪まで、毎日遠距離通勤をしています。

だが、正直キツくなってきた。

 

電車の乗車時間自体は合計1時間程度ですが、電車の本数が少なく、待ち時間がとても長いので、駅から家までの時間等と足すと、結局片道2時間程度かかります。

一日往復4時間を移動に消費していることになります。この通勤時間のあいだに読書をすれば、かなり色々な本が読めるかも…など考えていましたが、早起きや日々の疲労の影響でほとんど睡眠時間となっているのが現実です。

 

その会社が、本当に片道2時間かけてまで通って価値のある場所であればいいのですが、決してそこまでのものではないというのが正直なところ。

また、家族やご近所(都会と違って付き合いがかなり濃いため、第二の家族的なところがある)に何か大事があったとき、すぐに駆け付けられないというのも、精神衛生上あまりよろしくありません。

 

田舎に移住する際、都会で働いている会社に通い続けるのは、あくまで臨時的なものとして、移住した後、本格的に腰を据えて働ける仕事を地元で探すのもいいかもしれません。ただ、田舎には仕事自体がなかなかないのですが…。