読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代、田舎へ移住する

平成生まれのゆとりど真ん中世代が移住して思ったことなどを書く日記

田舎に移住する際に障壁となることたった2つのこと【仕事編】

移住するにあたって、気をつけなければいけないもう一つのことが「仕事」です。

なぜなら、残念ながら今の現代社会はお金が無いと生きていけない仕組みになっており、お金を得るには仕事をしなければならないからです。

 

そして、田舎移住あるあるですが、田舎には仕事がほとんどありません。

会社もないし、お店も少ない。働く場が無いんですね。

引っ越してから、「仕事が無くて生活困窮」状態に突入する前に、仕事をどうするかをよく検討しておく必要があります。

 

移住先の役所(役場)で働く

職業にこだわりがない場合、一番理想的なのはこれでしょう。

田舎に移住し、さらに安定した収入を得ることができます。

 

ただし、一番問題なのは「そもそも求人していない」ということです。

都会までいかなくとも、それなりに人口がある市は、定期的に職員を募集していますが、こと田舎となると、役場がそもそも職員を募集していません。

どれだけ試験勉強や面接対策をしていても、募集自体なければどうしようもありません。

引っ越しをする前に、事前に調べておく必要があります。

 

隣接している都市で仕事を探す

移住先の田舎に仕事が全く無さそうな場合、おとなしく仕事を探す範囲を広げるのも手です。田舎にもよりますが、隣接している市町村のどれかは、比較的大きい市だったりするので、そこで仕事を探したり、周りの市町村の地方公務員を目指してもいいかもしれません。

 

現在の仕事を継続できる田舎に移住する

意図した訳ではないですが、私はこのパターンです。

要するに、東京や大阪などの大都市まで何とか通えるくらいの距離にある田舎に移住するということです。

私の場合は、先に移住先が明日香村に決まったのですが、決断できた理由の一つに「何とか大阪に通える」土地だったから、というのがあります。私は以前より大阪の会社で働いていますが、明日香村であれば移住しても、引き続き今の会社で働き続けられることがわかったのです。つまり、「移住前の仕事を継続する」ことができる田舎に移住したのです。

…とはいえ、明日香村から大阪まで毎日通うのは、時間もかかりますし、かなり疲弊します。

せめて、その仕事自体は自分にとってとても良いものであれば、まだ通い続ける意味もあると思いますが、現在、色々あって仕事に対するモチベーションが急降下しております。そんな仕事に対して、こんな苦労して通い続けるってどうなんだろう、と最近考えています。(違う日記で書くつもりです)

 

ですので、この方法は、移住する時の一時しのぎとして使用し、その間に田舎付近での仕事をじっくり探す、というのがいいのかもしれません。(私もそろそろ、村の近くで仕事がないか探したいと思っているところです)

 

田舎での仕事について、いくつか案を書いてみました。

自分も早く都会からの完全脱却を目指し、動いてみたいと思います。